広尾店 銀座店 広尾店

紫外線

image

こんにちは。広尾店の松村です!夏お出かけが増えると思いますが、皆様紫外線対策は大丈夫ですか?まずは紫外線対策の復習!

SPF、PAとは?
UV化粧品に表記されているSPFとPA。SPFは数字で、PAは+で表記されます。
SPFは中波長紫外線(UVB)に対し、PAは長波長紫外線(UVA)に対しどの程度防ぐことが出来るか?というものを示しています。UVB、UVA共に皮膚に対し炎症、黒化、光老化(しみ・しわなど)、皮膚がんへの誘発などを引き起こすため、バランスよくブロックしてくれる製品を選ぶ必要があります。
SPF1で日焼けが始まる時間を20分遅らせるという参考数値があります。例えばSPF20なら20×20分=400分(6時間40分)遅らせることができます。
PAは時間での計算は出来ませんが、PA+(UVA防止効果あり)、PA++(UVA防止効果かなりあり)、PA+++(UVA防止効果非常にあり)と+が増えるごとに効果が高くなります。
SPFは最大50+まで、PAは最大++++の表記です。
実際に必要なSPF、PAはどの位?
日常生活(通勤・通学、買い物、散歩等)ではSPF10~20程度、PA+で充分です。レジャーやスポーツなどでより紫外線を浴びる場合には数値が高いものを選ぶ必要があります。
UV化粧品のSPF、PAを測定する際、1平方センチメートルあたり㎎塗布した数値で計測します。10cm×10cmの正方形の場合、必要な塗布量は0.2g、数値にすると小さく見えるかもしれません。重さで量が決められていますので、商品によって見た目の量は異なりますが、例えば乳液タイプを手に取った場合、大きめのパール大よりも大きいかな?という量です。実際付けてみるとかなりタップリです。人によってはベタついて気持ち悪いと感じます。
10cm×10cmの場合、表面積は100平方センチメートル。女性でも顔の表面積は少なからずこの2倍はあるでしょう。ということは大きめのパール大2つ分は塗る必要があるのです。最近のUV化粧品は伸びが良く、少量でも伸びるので思いのほか少なめに付けている場合が多いです。
数値通りの結果を出すには、測定時と同量を塗っていることが条件です。毎回きっちり重さを量って付けるのは現実的ではないので、数値を過信しすぎないことが大事です。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

タグ

Copyright © LesAnges All Rights Reserved.